🍶

日本酒が好きです

大学4回生にプログラミングに目覚めて、1年後の今それなりにお金を稼げるようになった漢の話

最近、プログラミングをしている。
はてなでコードを書いて、講義でコードを書いて、家でコードを書いている。

 

なぜ、こうなったのか。

 

大学4回生になるまでは、ひたすらスノーボードに時間を割いていた。 情報学科に所属していたが一回生でいきなりスーパー難しい言語(Lisp)を触らされプログラミングが嫌いになり、ほとんどしてこなかった。
4回生になると周りでは就活をしている人もいてどういう大人になりたいか考えることがあった。

こういう風になりたいとまでははっきりしないが、こんなに裕福な日本で環境に文句を言い続けてまったく行動しない大人にはなりたくないなと思った。
というのも、僕はスノーボードをするために三回生の春休みに長野県の民宿で働いていたのだがそこのオーナーが「大人になったら遊べないぞ」みたいなことを二日に一回くらい言ってきた。
二日に一回、ものすごい違和感を感じていた。


環境の変化を社会に求めるのではなく、自分で行動して環境を変えていくのがヒップホップだと思う。(宿のオーナーは脱サラして宿や不動産をやっていてヒップホップだった。それを感じてほしくて二日に一回言ってくれていたのかもしれない。) 

 

 

どうしようか調べているとエンジニアという職業を知った。
詳しくは説明しないが、LINEとかメルカリをプログラミングして作っている人と考えてくれたらよい。

 

この職業を知った時、なんとなく自分に合っているような気がした。

 

フレックスタイムやリモートワークが積極的に採用されており服装髪型も自由。
僕のはてなのメンターの人は週2くらいで浴衣で出勤している。

 

年功序列でないし終身雇用でもない
フラット文化が根付いている気がする。新卒の給料も一律でない会社が多い。

その会社でやりたいことがなくなったら転職したり起業するエンジニアが結構多い。
勤続年数が長い企業という一見いいように聞こえるかもしれないが、逆に尖った意見がしにくく、若い時の裁量が少ない風通しの悪い企業といっているようなものの気がする。

 

やっぱり、パソコンとネット環境さえあればいつでもどこでも仕事ができるのが一番魅力的だったかもしれない。

 

そういう訳で、一人でプログラミングの勉強を始めたのだが全く捗らないし楽しくない。
厳しいもので未経験だと雇ってくれる企業も0といっても過言でない。

  

ここで幸運だったのは、京大生にプログラミングの研修を行い実際の企業の案件を与えてくれ業務を経験されてくれるということをしている学生起業した先輩と知り合えたことである。これがちょうど去年の八月。


ここで、2ヶ月ほど研修を行いぼくのエンジニア人生が始まった気がする。

 

リモートワークで案件をこなしていくというスタイルだったが、初心者の僕にはこれがなかなか厳しく実際に出勤して働くスタイルにしたいと思い京都で一番技術力がありそうなはてなに全力でバイブスをアピールして採用された。税金の都合で今年は厳しそうだけど、リモートワークの方も来年になったら復帰したいと考えている。それなりにお金を稼げるようになった。


実際、はてなの周りのエンジニアが優秀すぎて毎日劣等感がすごい。
メンタルに定評がある僕だが、コードレビューでボコボコにされすぎて辛い。
しかし、アンチ鶏口となるも牛後となるなかれの僕にはこれくらいがちょうどいい。

 

京大に入ってまでエンジニアになるのはもったいないというのはよく言われるが、選択肢を広げるために京大にきたのにわざわざ選択肢を狭めるのもなんだかなあという気がする。
エンジニアは今のところ手段で他にもいろいろ選択肢があると思うので、視野を広げていきたい。
世間にカウンターを食らわせながら生きていきたい。

 

幸いにも日本でエンジニアになるためには学位など必要ないので文系からでも関係なくなれる。海外でエンジニアになるにはコンピューターサイエンス系の学位が求められることが多い。

 

p.s.

ケイスケ・ホンダ「サッカーの監督がサッカーのことわからなかったら話にならないように、投資家としてエンジニアのことをわからないと話にならないので、W杯から帰ってきて1週間プログラミングを勉強していた」
貪欲でかっこいい。

 

 

ぼくにバイブスを与えてくれるインフルエンサー

こんにちは。 最近、ストレスか過労かなにか知らないですが抵抗力が弱ってたらしく帯状疱疹という皮膚病にかかって辛かったです。 水疱瘡のウイルスが体が弱ってる時にまた元気になって悪さする病気らしいです。 お薬の力は偉大なので無事治りました。

これまで動画とか見て面白いなと思った人を紹介したいと思います。 ここでの面白いは、funじゃなくてinterestingのほうです。

りりぽん

まず、一人目はりりぽんです。 本名、須藤凜々花でAKB総選挙で結婚発表をした人と言えば知っている人も多いと思います。 僕が興味を持ったきっかけとなった動画はこれです。

僕も正直に生きるべきだと思っていて考え方が近くて、それが言語化されていくようでエモくなりました。 また、りりぽんは生粋のHIPHOP好きで気が合いそうなので飲みに行きたいです。 IT社長になってなんとかするしかない。

落合陽一

二人目は落合陽一先生です。 筑波大学で研究をしたり、社長をしたり、メディアにでたりしています。 この人なら日本を変えてくれるんじゃないかって感じさせてくれます。 News PicksのWeekly落合面白いです。 発言が過激で共感できないところも多いですが、得られるものはかなりあると思います。

DJ社長

三人目はDJ社長です。 DJ社長と言えば、この動画がとても有名だと思います。

この動画は、かなりのバイブスを与えてくれます。

大学受験での偏差値の上げ方とスノーボードでの上達の共通点

こんにちは。今日は熱と頭痛にやられてずっと寝ていて暇です。

どんな記事が需要があるかなと考えていると、大学受験の話は需要がありそうだなと思ったので書いてみます。 大学に入ってから、受験勉強の時考えていたことがいろんなことに応用できるなというのも感じています。

通っていた高校は、学年380人くらいいて東大京大で5人受からないくらいの典型的な田舎の自称進学校でした。 3年生の途中まで部活をしていたし、塾も行ったことないしでなかなか珍しいタイプではと思っております。

まず、一年生二年生の時は薄っすら北海道大学いってスノーボードしていたいなと思いながら生活していました。 成績は数学、物理が得意で他は普通くらいで北海道大学いけるかもくらいのちょっと勉強できるくらいの成績でした。

三年生になると今まで何にも本気で打ち込んでこなかったなという自分がいてなにか本気になりたいなと思っていました。 自分て本気になったらどこまでやれるんだというのがあったので京大を目指すことにしました。 このころは余裕のE判でした。


受験勉強で僕が芯においていたことは「受かるためならなんでもやる」ということです。


まず、僕は基本的に数学英語以外の授業は聞くのをやめて内職をずっとしました。 先生は内職するやつは落ちるとかよく言ってきましたが、「先生はその科目のプロではあるけど受験のプロではないやん、京大入ってから言うてくれ」って思ってました。 幸運だったのは担任が結構自由にやらせてくれたこと。

他によく言われることとして、「大学入学はゴールではなく通過点」というのをよく聞きます。 これも、E判定だった僕には通過点なんてぬるいことは言ってられないのでもちろん大学入学をゴールにして勉強してました。

受験勉強とスノーボードで成長するにあたって必要なことで共通しているなと思っている点がいくつかあります。


自己分析力

自己分析力は今の自分の状態を客観的に把握して自分にあった勉強をするということです。 実力にあってない参考書もやっても意味はないし、参考書をやっただけで満足してはいけないと思っています。

自己管理能力

自己管理能力はモチベーションを保って勉強し続けるということ。 成績が上がり始めたら、成績が上がる→嬉しい→勉強する→成績が上がる→嬉しい...のループに入って続きやすい。 そのためにも、僕は勉強法の勉強をすることは結構重要でモチベーションにもつながると思っています。

素直さ

素直さは人の意見に対してフラットに考えてみるということです。 全く人の意見を受け入れないのも良くないし、何も考えずに人の意見を完全に信用するのも良くないと思っています。

少しの運

良い先生、参考書、試験問題との出会い。 テストステロン先生がこんなことを言っていました。

テストステロン先生はいつもいいことを言う。


以上のことがスノーボードと共通していいるなと感じる。 スノーボードに限らずなにかしらで成長したいと思ったら結構共通していると思います。

こんな感じで3年生になってから鬼のように勉強して京大に合格しました。 代償として色々なものを失った気がします。

目標達成のためならなんでもやるくらいのバイブスで生きてほしい。


自称進学校なので、京大に受かったらたまに高校に喋りにきてくれみたいなこと言われるらしいが、過激なことを言いそうと思われているのか先生に嫌われているのか呼ばれたことがない。

株式会社はてなにジョインしました

ジョインてよく聞くから使ってみた。 アルバイトやしジョインて言わんかも。

タイトルの通り、はてなでエンジニアアルバイトとして働くことになりました。 かつてマクドのバイト面接に落ちた俺が採用されました。 開発経験も浅いので、面接はひたすらやる気を見せて「俺の成長曲線はヤバイぜ?」みたいなオーラを出しつつバイブス採用を狙いました。 面接したエンジニアの人が🍺とhiphopに興味があるようだったのがラッキーだったのか、バイブス採用されました。 しばらくは、perlとjavascriptの研修をしそうです。

はてなは「はてなブログ」、「はてなブックマーク」やtoB向けに「Mackerel」などなどを運営している京都が本社の企業です。 技術力もあり文化もおもしろく、かなりイケてる企業やと思います。 スノーボードブランドでいうと多分capitaみたいなもんです。

自動販売機無料で飲み放題、お菓子食べ放題、無料ランチ付き、水飲み放題、空気吸い放題のいいオフィスです。 今日のお昼はカレーとサラダを食べました。 (だいたい金曜日はカレーらしい。) こんな感じでとてもバイブス上がる。 officelunch.hatenastaff.com

烏丸御池にオフィスがあるので平日の仕事終わりとか飲みに行ってやってください。

良い環境が整ったので、これから無敵になります。

Instagramに投稿するスノーボーダー

こんにちは。

今インスタが圧倒的に流行っています。 スノーボード界隈でも圧倒的にインスタが流行っています。 自分も横ノリ系で新しく知り合った人はラインよりもインスタを交換することが多いです。

そこで、最近思うことがあるのでスノーボードを例に書きます。 プロスノーボーダーを見ていると多くの人がインスタで自分の滑りを投稿します。 顔を売りにしている女性スノーボーダーは自分の写真を投稿したりもします。 逆に、インスタを投稿しないプロスノーボーダーはもはやいないものとされている説まであります。

周りと話しているとだいたいはYouTubeに投稿したりインスタでヤバイ動画をあげているプロスノーボーダーの話しかでません。 これは悪いということではなくて、こうなって当然だと思います。 実際にインスタやYouTubeなどで発信しないスノーボーダーはいないものとして扱われます。 "イケてる = 有名"は成り立たない。

最近は、全国各地の大学生スノーボードチームが積極的に動画をアップしたりしてて良い流れができてきていると老害ながら思っている。 結果的に大学生スノーボーダーが業界に認知され始め、地位が向上につながると思う。 (なにかしらの発信をしなければ、業界からは認知されずいないものとされるということ)

スノーボードを例にとったけど、他の事にもいろいろ通ずるものはあると思う。 何が言いたいかよくわからん記事になってしまった。

p.s

国母「スノーボードの事だけをやってきたヤツだと思われたいですね」

国母「だから変なメディアの方に出て、お金稼いだりじゃなくて、ほんとシンプルに、スノーボードどっぷりつかって、そのまんま消えて行きたいっすね」

adidasのwelcomeパートみたいなので言っててもう削除されてるけど、この人のレベルになると発信とかの次元超えてて超かっこいい。


ワイドナショー【感動】消えた天才 國母和宏

1時間2000円として生活してみたら5mmほど生活にメリハリがついた

こんにちは。 ちょっと前から、自分の時間を安売りしたくないと思って1時2000円の価値があると思って生活しています。

変化

  • お金をよく使うようになった。時間を使ってるんやからなにか得ないと勿体無くない?という発想になってきた。

  • 毎日、N度寝するのだけどなんとも言えない感がすごい。7時間寝るとこを9時間寝たら4000円失ったと思っている。(苦しい。飲み会行けた。でも、二度寝するとき4000円なんて頭に1ミリも浮かんでこない)

  • 遊ぶときも、全力で楽しもうという気持ちになる。

  • 研究ツライ

いい感じ

この記事は飲食アルバイトはクソと言っているわけではないです。 飲食アルバイトはお金というよりも、人間関係が広がったりいろんな経験ができたりしてそっちの方が価値があるんじゃないかって思ってます。

20代の時間は、大切にしたほうがいいと思っているしこれくらいしたほうがいい。 試してみたら生活にほんの少しでもメリハリができると思います。


追記(7/26) ラボの教授に1500円は安いと喝を入れられたので2000円に値上げしました

スノーボーダーにも分かる人口知能(後編)

kotaroooo0.hatenablog.com

前回は機械学習の基本である線形回帰についての記事を書きました。 前回の記事を読んでなくても、そんなに深い話はしないのでなんとか大丈夫だと思います。 次はDeep Learning(深層学習)について書くと言ったのですが書くのが難しくてしばらく空いてました。 この前、機械学習の研究をしている知り合いはDeep Learningのことをdeepって呼んでた。(カッコいい) ちなみに、自分はこの前初めてCNNを勉強したど素人なのにこんな記事を書いている。 今、需要がすごくて機械学習の研究してるとめちゃくちゃお金になる。機械学習系の某インターンは月給50マンとか言ってた。羨ましい。

実は人工知能ブームが過去に二回あって今のブームは3回目である。 かつて、熱が二度冷めており冬の時代があった。 しかし、深層学習の登場で第三次AIブームが起こっている。 今のブームの背景として、コンピュータの処理速度の高速化、通信技術の向上によりデータが集めやすくなったということがあげられる。 深層学習には、コンピュータの処理速度、ビッグデータが必要である。 かつてのゴールドラッシュでのマイナーように、現在ではビッグデータの中から一攫千金を狙うデータサイエンティストという職も注目を集めています。

深層学習とは

人口知能を支える技術に機械学習があって、機械学習のポピュラーな手法として深層学習があるといった関係になります。

機械学習は、大量のデータから規則性や関連性を見つけ出し、判断や予測を行う手法です。そのためには、「色と形に注意」のように着目すべき特徴(特徴量)を人間が指定する必要があります。

Deep Learning(深層学習)は、その機械学習を発展させた手法です。人間の脳神経回路をモデルにした多層構造アルゴリズム「ディープニューラルネットワーク」を用い、特徴量の設定や組み合わせをAI(人工知能)自ら考えて決定します。機械学習では、「色と形に注意」のように着目点を指示する必要がありましたが、Deep Learning(深層学習)の場合は指示をしなくても自動で学習します。ただし、精度を高めるには大量のデータが必要になり、読み込ませるデータによって学習の方向性も変わるので慎重に選ぶ必要があります。

前回の機械学習では、人間が標高は積雪量と関係がありそうだなと考えて、標高を特徴量として選択しました。 しかし、深層学習は特徴量すら決めずによくて、イイ感じに自動で特徴量を決めてくれます。 さらに、精度も良い。

深層学習は人間の神経を真似て作ったニューラルネットワークというものを多層に重ねたものを指します。なにを言っているか意味がわかりませんね。 f:id:kotaroooo0:20180428001849p:plain https://udemy.benesse.co.jp/ai/neural-network.html

深層学習は誤差逆伝播法という天才が考えた学習法で重みを最適化します。 画像を学習するなら、何百万枚もの画像を読み込む必要がありコンピュータの処理速度が重要になります。

現在ではデータを多く持っていれば持っているほど、人工知能の研究においてアドバンテージになると言われています。 そういう点で、Googleは圧倒的データ量を持っており強い。

何がヤバイって、ここまで注目されているのになぜ深層学習だとこんなにうまくいくか原理的によくわかっていないことです。 なんとなく経験則的にやって、たまたまうまくいったのを使っているというノリ。

深層学習を説明するのが難しくて、今回は雑談みたいになってしまった。 深層学習の仕組みをもっと詳しく知りたい人この本めちゃくちゃわかりやすいからオススメ。 Pythonと深層学習を0から説明していて初心者でも読めます。